eBRAIN-J
 


自動車ブレーキ設計の核心技術を解説指導!
制動システムの最適化と自動ブレーキの最新安全性向上技術

講師:東京電機大学工学部 研究員 川口裕氏
(元)トヨタ自動車(株)第2車両技術部(東富士研究所) 主査

■日時 2020年 7月16日(木)10:30〜16:30
■会場 ちよだプラットフォームスクウェア(東京 神田錦町)
■受講料 1名 45,000円 + 消費税
2名以上1名 42,000円 + 消費税
≪セミナーコード 1101-200716≫

   【印刷用パンフ】     【お申込について】


【よくある質問(FAQ)】 ※お申込む前に必ずご覧下さい。          

【お申込みアシスト】 ※お申込み手順を解説しています。

※開催日前14日目以降のキャンセルはお受けできませんので、
都合が悪い場合は代理の方がご出席をされますようご配慮をお願いします。
※録音機等の持込みはご遠慮願います。




Cookie と JavaScript をオンにしてご利用ください。


講師のことば
近年の自動車の安全性向上、電動化の動きは、車両制動技術の開発にも深く関わっています。
この流れはブレーキシステムの最適化、ブレーキ制御技術の進化に関連します。最近は、制動エネルギーを回収する回生ブレーキや、自動ブレーキの技術開発が活発に行われています。自動ブレーキに関しては、従来の商用車規制に加えて、乗用車への装着義務化の動きが決まり、来年以降国内、欧州での規制が始まります。これら最新の技術動向を把握した上で効率的な研究開発を進めていただきたいと思います。


講師
東京電機大学 工学部 研究員 川口 裕氏
JSAEフェロー、JSMEフェロー
(元)トヨタ自動車(株)第2車両技術部(東富士研究所) 主査


プログラム(各項目とも質疑応答含む)
制動システムの最適化と自動ブレーキの最新安全性向上技術
 T.制動システムの最適化
  1.制動システム方式の分類
   (1)制動システムの基本概念と機能構成
   (2)機械式ブレーキ(機械+油圧・空気圧方式)
   (3)電動式ブレーキ(BBY : BrakeByWire方式)
   (4)制動力制御ブレーキ(安全性向上制御システム)
   (5)駐車ブレーキ(機械方式、電動方式)
  2.機械式ブレーキ(機械+油圧・空気圧方式)
   (1)システム分類(機能・構成による分類)
   (2)システム構成と作動原理
  3.電動式ブレーキ(BBY : BrakeByWyre方式
   (1)BBW(概念、方式と特徴、電動キャリパ他)
   (2)回生ブレーキ(概念、分類と特徴、企画設計方法)
   (3)自動ブレーキ(後章詳解)
  4.制動力制御ブレーキ(車両安全性向上制動力制御)
   (1)制御ブレーキの狙い・構成、制御方法、効果
   (2)ABS
   (3)TCS
   (4)ESC
  5.駐車ブレーキ(機械方式、電動方式)
   (1)機械方式駐車ブレーキ(機能、方式、作動原理)
   (2)電動方式駐車ブレーキ(機能、方式、作動原理)
 U.自動ブレーキの性能・安全性向上技術
  1.自動運転レベルと自動ブレーキの分類
   (1)運転支援(ADAS)自動ブレーキ(PCS、ACC)
      ADAS:AdvancedDriverAssistanceSystem
   (2)無人運転(AutonomousVehicle)自動ブレーキ
  2.衝突被害軽減ブレーキ(PCS)最新技術・法規動向
      PCS:PreCrashSaftySystem
   (1)PCSの基本概念・要求性能
   (2) EuroNcap(New car assessment program)性能要件
   (3)JNcapの性能要件
   (4)先進緊急ブレーキシステムAEBSの最新動向
      AEBS:AdvancedEmergencyBrakeSystem
  3.ACC(AdaptiveCruiseControl system)
   (1)ACCの基本概念・要求性能
 参考文献 紹介
●Solution and Consulting / 質疑応答【事前アンケートの質問事項について解説致します】



Cookie と JavaScript をオンにしてご利用ください。

© 2002 ISS Co.,Ltd. All rights reserved.