eBRAIN-J
 


酵素の食品加工への効果的利用と新規商品開発へのヒント
   〜酵素の基礎から食品開発への利用の実際まで〜

本セミナーでは、酵素の特性を知り上手く活用するための「酵素の基礎」、「酵素反応」および酵素利用による物質生産研究例、酵素利用の課題とその対策について解説し、次いで、食品タンパク質の特性と利用・加工、それらタンパク質性の食品の酵素による物性改質の技術や課題、企業における研究開発について、さらに、植物からの機能性成分抽出に有効な酵素等、食品開発における酵素利用の実際とその効果について事例を交え分かり易く解説します。

■日時 2020年3月18日(水)10:30〜16:30
■会場 ちよだプラットフォームスクウェア(東京・神田錦町)
■受講料 1名 37,000円+消費税 
2名以上1名 34,000円+消費税
≪セミナーコード 1101-200318≫

   【印刷用パンフ】     【お申込について】


【よくある質問(FAQ)】 ※お申込む前に必ずご覧下さい。          

【お申込みアシスト】 ※お申込み手順を解説しています。

※開催日前14日目以降のキャンセルはお受けできませんので、
都合が悪い場合は代理の方がご出席をされますようご配慮をお願いします。
※録音機等の持込みはご遠慮願います。




Cookie と JavaScript をオンにしてご利用ください。


講師のことば
奈良井(金山)朝子氏 これから酵素を使ってみようという方に、酵素の特性を知って酵素を上手く活用するために必要なことをお伝えするとともに、酵素を利用した食品成分の加工・改変についてご紹介します。

熊澤 義之氏 主な食品タンパク質である筋肉、乳、大豆、小麦について、その特性や利用について概説します。また、それらのタンパク質を酵素で処理をすることによる物性改質技術についての解説と食品への応用、技術課題とその解決による拡大について述べたいと思います。最後に食品会社における研究開発についても触れてみたいと思います。

舟橋 知徳氏 食品開発における酵素利用の可能性について具体的な効果を使って紹介いたします。


講師
T 日本獣医生命科学大学 応用生命科学部 食品科学科 農産食品学教室 准教授 博士(農学) 奈良井(金山)朝子氏

プロフィール:東京大学農学部農芸化学科。東京大学大学院農学生命科学研究科博士課程修了。日本獣医生命科学大学助手、講師を経て2017年より現職。この間、機能性ペプチドおよび紅茶ポリフェノールの酵素的合成、紅茶の機能性発現機構の解明、植物性食品の貯蔵・調理過程における生化学的な成分変化に関する研究に従事。
所属学会:日本農芸化学会、日本食品科学工学会、日本栄養・食糧学会。

U 東京薬科大学 生命科学部 応用生命科学科 食品科学研究室 教授 博士(水産学)  熊澤 義之氏(元 味の素食品研究所研究員)

プロフィール:1990年 味の素株式会社入社 食品研究所(〜1997年) 1997年 University of Wisconsin-Madison, Muscle Biology Laboratory博士研究員 1999年 味の素 川崎工場 2003年 AJINOMOTO USA 北米食品開発センター (〜2008年)2008年 味の素 本社研究開発企画部 (〜2011年)2011年 味の素 食品研究所 (〜2018年) 2018年 東京薬科大学 生命科学部 応用生命科学科 食品科学研究室 教授 〜

V 三菱ケミカルフーズ(株) 食品・ニュートリション部門 食品・ニュートリション事業部 ライフインダストリーG マネージャー 舟橋 知徳氏


プログラム(各項目とも質疑応答含む)
●Study and Learning 
 T.酵素の基礎的事項と食品加工への応用について
 1.酵素の基礎
   (1)酵素とは何か
   (2)酵素の種類と特性
   (3)食品産業における酵素利用事例
 2.酵素反応
   (1)酵素反応解析の意義
   (2)基礎的な酵素反応解析の方法
 3.酵素利用における課題と対策
 4.酵素による物質生産の研究例
   (1)機能性ペプチドの合成
   (2)紅茶ポリフェノールの合成
 ■10:30〜14:00   奈良井 朝子氏
 U.各種食品タンパク質の特性と酵素の利用
 1.各種食品タンパク質の特性と利用・加工
   (1)食品タンパク質利用の歴史と現状
   (2)食品タンパク質の特性
   (3)食品タンパク質の特性を利用した加工製品とその製造原理
 2.酵素による食品物性の改質
 3.酵素製剤化による食品製造への利用拡大
 4.企業における研究開発
 ■14:00〜15:30   熊澤 義之氏
 V. 食品開発における酵素利用の紹介
 1.食品開発におけるプロテアーゼの利用と美味しさへのアプローチ
 2.茶飲料開発における酵素タンナーゼの利用
 3.植物からの機能性成分抽出に有効な酵素の紹介
 4.小麦粉加工における酵素の利用について
 ■15:30〜16:30   舟橋 知徳氏
 ●Solution and Consulting / 質疑応答
 事前アンケートのご質問について解説します
 ※講師によって一部回答できない場合がございますので、ご了承願います。



Cookie と JavaScript をオンにしてご利用ください。

© 2002 ISS Co.,Ltd. All rights reserved.