eBRAIN-J
 


チーズのテイスティングでテロワールによる風味の違いについて感じる! (本場ヨーロッパの様々なチーズの実際とチーズ製造の基礎と応用)
チーズの市場環境とナチュラル・プロセスチーズ製品開発事例
チーズのテイスティングでテロワールによる風味の違いについて感じる


■日時 2019年10月23日(水)10:30〜16:30
■会場 産業科学システムズ会議室(東京・飯田橋)(地図はこちら
■受講料 1名 37,000円 + 消費税
2名以上1名 34,000円 + 消費税
≪セミナーコード 1101-191023≫

   【印刷用パンフ】     【お申込について】


【よくある質問(FAQ)】 ※お申込む前に必ずご覧下さい。          

【お申込みアシスト】 ※お申込み手順を解説しています。

※開催日前14日目以降のキャンセルはお受けできませんので、
都合が悪い場合は代理の方がご出席をされますようご配慮をお願いします。
※録音機等の持込みはご遠慮願います。




Cookie と JavaScript をオンにしてご利用ください。


講師のことば
講座概要
 本セミナーでは「チーズ市場を取り巻く環境と新製品開発事例」や「チーズのおいしさと健康機能」について、我が国におけるチーズ研究のエキスパートが分かり易く解説します。


講師
NPO法人 チーズプロフェッショナル協会(C.P.A.) 常務理事 坂上 あき氏

NPO法人 チーズプロフェッショナル協会(C.P.A.) 顧問 農学博士 堂迫 俊一氏

森永乳業(株) 研究本部食品開発研究所 主任研究員 博士(農学) 水野  礼氏


プログラム(各項目とも質疑応答含む)
●Study and Learning
 T.ヨーロッパの伝統チーズとテロワール
 1.チーズにとってテロワールとは何か
 2.チーズの歴史
   (1)チーズの発祥から産業革命まで
   (2)チーズ作りと産業革命
 3.テロワールの違いによって生み出されるチーズの個性
   (1)作り方によって生み出される個性
   (2)気候風土、人の営みによって生み出される個性
 4.テロワールを知るためのチーズのテイスティング
   ○ テクスチャーや風味の違いからテロワールの違いを感じる
 5.現代のチーズとテロワール
●10:30〜12:00  坂上 あき氏
 U.ナチュラルチーズのおいしさと製造技術
 1.ナチュラルチーズ製造の基本フロー
 2.製造工程とチーズの物性および風味との関係
 3.凝固工程
 4.カゼインミセルとリン酸カルシウム
 5.酸凝固と物性
 6.熟成工程 
 7.たんぱく質分解と物性および風味
●13:00〜15:00  堂迫 俊一氏
 V.独自技術を活かしたプロセスチーズ類の開発事例
 1.チーズ市場を取り巻く環境
   (1)チーズの定義、市場、消費量
   (2)企業での研究開発
 2.プロセスチーズ類の製品開発事例
   (1)プロセスチーズの製造方法
   (2)プロセスチーズの開発事例
 3.近年のトレンド
   (1)世界のチーズのトレンド
●15:00〜16:30  水野 礼氏



Cookie と JavaScript をオンにしてご利用ください。

© 2002 ISS Co.,Ltd. All rights reserved.