eBRAIN-J
 


現場の “痒いところに手が届く” 表面改質技術のノウハウをわかりやすく指導
機器開発に役立つ表面改質技術の勘どころ・応用解説と品質トラブルの具体的対策法
表面改質技術の勘どころからトラブル対策の基本までを表面処理の専門家がわかりやすく詳解


■日時 2019年10月11日(金)10:30〜16:30
■会場 産業科学システムズ会議室(東京・飯田橋)(地図はこちら
■受講料 1名45,000円 + 消費税
2名以上1名42,000円 + 消費税
≪セミナーコード 1101-191011≫

   【印刷用パンフ】     【お申込について】


【よくある質問(FAQ)】 ※お申込む前に必ずご覧下さい。          

【お申込みアシスト】 ※お申込み手順を解説しています。

※開催日前14日目以降のキャンセルはお受けできませんので、
都合が悪い場合は代理の方がご出席をされますようご配慮をお願いします。
※録音機等の持込みはご遠慮願います。




Cookie と JavaScript をオンにしてご利用ください。


講師のことば
 本講座は、自動車関連部品を中心に、電気・電子機器のもの作りを含め各種材料を用いたあらゆる形状や大きさの成形加工部品には何らかの表面処理(表面改質)が施されています。表面処理(表面改質)技術とは熱処理・化学処理・被覆処理等によって母材とは異なる性質を材料表面に付与する技術であります。このように表面処理はなくてはならない必須の加工技術であり、めっき技術はその一つであります。機器開発の実務にすぐ役立つ多くの多くの応用事例を紹介し、実現したい耐摩耗性、潤滑性、耐腐食性の改善等を解説します。これにより製品・機器の高機能化を図り、産業機器用途はもちろん、今後のIOT (Internet of Things)機器用途まで、さまざまな応用や新たなアプリエーション、解決策をみつけだせるものと期待できます。講座では、応用事例を紹介いたしますので大変わかりやすいセミナーになっています。さらに品質トラブルの現状と対策にも触れます。


講師
神奈川県立産業技術短期大学 制御技術科講師 博士(工学) 小島 東作 氏
(元)(株)日立製作所 生産技術研究所研究員 (元)青森大学 工学部 教授


プログラム(各項目とも質疑応答含む)
 機器開発に役立つ表面改質技術の勘どころ・応用解説と品質トラブルの具体的対策法
●Study and Learning
 T.熱処理の勘どころ
 1.鋼と熱処理の考え方
 2.火炎焼き入れと高周波焼き入れ
 3.浸炭焼き入れ
 4.焼きなまし・焼きならし
 5.窒化処理
 U.めっきの勘どころ
 1.電気めっきの基礎
 2.湿式めっき加工技術
 3.乾式めっき加工技術:PVD法・CVD法
 4.ビームレーザクラッチング・電子ビーム処理
 V.表面形状加工の勘どころ
 1.ビーム加工・収束イオン加工
 2.機械加工・ナノプリント付着防止加工
 W.電気めっき設計要領。選択基準
 1.電気めっき部品の設計要領
 2.電気めっきの選択基準
 X.めっき品質トラブルと対策
 1.前加工工程
 2.洗浄工程
 3.前処理工程
 4.めっき工程
 5.後処理工程
 Y.機器高機能化のための応用事例及び表面改質実現手段
 1.表面硬化機能
 2.潤滑処理機能
 3.薄膜絶縁被膜
 4.導電被膜処理
 5.放熱被膜処理
 6.遮熱被膜処理
 7.親水被膜処理
 8.撥油性被膜処理
 9.錆安定化処理
 
●Solution and Consulting / 質疑応答
 【事前アンケートのご質問について解説致します。



Cookie と JavaScript をオンにしてご利用ください。

© 2002 ISS Co.,Ltd. All rights reserved.