eBRAIN-J
 


新たな味成分の発見とおいしさをデザインする
チョコレートの科学・商品力とヒット商品開発のポイント

本セミナーでは、大手チョコレートメーカーの第一線の研究者が、カカオ、チョコレートに含まれるポリフェノールを中心とした健康機能性、また、原料であるカカオからチョコレートができるまでの製造工程や最近のチョコレートのトレンド、風味等について試食を交えながら分かり易く説明します。

■日時 2019年10月7日(月)10:30〜16:30
■会場 産業科学システムズ会議室(東京・飯田橋)(地図はこちら
■受講料 1名 37,000円+消費税 
2名以上1名 34,000円+消費税
≪セミナーコード 1101-191007≫

   【印刷用パンフ】     【お申込について】


【よくある質問(FAQ)】 ※お申込む前に必ずご覧下さい。          

【お申込みアシスト】 ※お申込み手順を解説しています。

※開催日前14日目以降のキャンセルはお受けできませんので、
都合が悪い場合は代理の方がご出席をされますようご配慮をお願いします。
※録音機等の持込みはご遠慮願います。




Cookie と JavaScript をオンにしてご利用ください。


講師のことば
夏目みどり氏: 気が付いたらカカオのポリフェノールの研究を始めて20年以上たっていました、私が得た知見や最近の情報をお伝えできればと思います。

小野 隆氏: チョコレートはどのように作られるのかをカカオまでさかのぼって学習していただきます。また新商品開発のヒントにつながるような開発事例をお話しし、チョコレートのテイスティングをしながらトレンドを知っていただきます。さらに食べる環境によるチョコレート風味の変化について実験体験をとおして解説します。


講師
T.株式会社明治 研究本部 乳酸菌研究所 健康科学研究部 機能評価2G長 博士(農学) 夏目みどり氏

U 森永製菓株式会社 新領域創造事業部 テクニカルディレクター  チョコレートソムリエ 小野 隆氏


プログラム(各項目とも質疑応答含む)
●Study and Learning
 T.チョコレートの機能性
 1.カカオ豆の歴史〜
  (1)チョコレートができるまでの歴史
  (2)日本の最近のチョコレート販売事情
 2.カカオに含まれる成分について〜ポリフェノールを中心に
 3.カカオポリフェノールの吸収代謝〜エピカテキンを中心にヒトでの吸収代謝
 4.チョコレートやカカオポリフェノールの機能性研究
  (1)血圧への作用
  (2)脂質代謝への作用
 5.チョコレートの便通改善作用
 6.チョコレートやカカオの疫学研究
 7.チョコレートの最近のトピックス
 
 ■10:30〜13:00  夏目みどり氏
 U.カカオ・チョコレートを"知る"体験セミナーと新商品開発のヒント
 1.自己紹介(TAICHIRO MORINAGA紹介)
 2.カカオの歴史について
 3.カカオの植生
 4.カカオは南国のフルーツ
 5.チョコレートは発酵食品
 6.カカオ豆からチョコレートになるまで
  (選別 分級 焙煎 摩砕 混合 微粒化 精練 調温 成型 冷却)
 7.チョコレートのトレンド
 8.新商品の開発事例について (ガトーショコラ 焼きチョコベイクの開発秘話)
 9.食べる環境がチョコレートの風味を変える?
 
 ■14:00〜16:30  小野 隆氏
 
●Solution and Consulting / 質疑応答
 事前アンケートのご質問について解説します
 ※講師によって一部回答できない場合がございますので、ご了承願います。



Cookie と JavaScript をオンにしてご利用ください。

© 2002 ISS Co.,Ltd. All rights reserved.