eBRAIN-J
 


〜最前線で活躍中の実務スペシャリストが安定操業と生産性向上を解説・指導 
プラント機器・設備の検査・品質確保とAIを使ったオペレーションの実際
人的検査とAIを使った安定操業と生産性向上


■日時 2019年 9月13日(水)10:30〜16:30
■会場 産業科学システムズ会議室(東京・飯田橋)(地図はこちら
■受講料 1名 45,000円 +消費税8% 3,600円 
2名以上1名 42,000円 +消費税8% 3,360円
≪セミナーコード 1101-190913≫

   【印刷用パンフ】     【お申込について】


【よくある質問(FAQ)】 ※お申込む前に必ずご覧下さい。          

【お申込みアシスト】 ※お申込み手順を解説しています。

※開催日前14日目以降のキャンセルはお受けできませんので、
都合が悪い場合は代理の方がご出席をされますようご配慮をお願いします。
※録音機等の持込みはご遠慮願います。




Cookie と JavaScript をオンにしてご利用ください。


開催にあたって
 プラント設備を法令順守しながら誤りなく建設し、省力化したメンテナンスをしながら生産性向上と安定操業を実現するための要点を、事例を参考にしながら解説します。また、プラントオペレーションにおけるAI利用の現状と費用対効果について解説します。


講師のことば
(後藤 元晴氏)本講座では、発電や化学プラント等における構成機器の安全性に対するリスクを低減し、安定した運転を可能にするために実施される各種品質管理の手法について概説すると共に、重要とされる溶接構造物に対する検査の方法、グローバル調達における品質確保のポイント等について説明します。

(大野 拓也氏)プラントの老朽化、運転員の高齢化が進み、熟練運転員の確保が難しい昨今、プラントの安定・安全運転を維持し、運転・メンテナンスコストの低減を進め、より高効率のプラント操業を行うことが課題となっています。この課題に応じ、日揮グループはAI・IoTを使ったプラントデータ解析サービスを実施しています。2016年以来、日揮は、独自のAI技術の開発に成功し、これまで多種多数のプラントに対しデータ解析サービスを提供しています。本サービスは分野や用途範囲においてさらに拡大し続けています。


講師
日本検査(株)検査事業部 テクニカルダイレクター  博士(工学) 後藤 元晴氏

日揮(株)特別理事 上席化学工学技士 大野 拓也氏


プログラム(各項目とも質疑応答含む)
●Study and Learning
 I.各種プラント機器に必要な検査とグローバル調達における品質確保
 1.各種プラント機器に対する品質確保
  (1)各種プラントに適用される法令
  (2)プラント品質確保のための要求事項
  (3)各種プラントの構成機器
  (4)各機器に対する検査項目と重要度
  (5)各検査項目に対する概要説明
 2.溶接構造物に対する検査
  (1)溶接構造物に対する検査の重要性
  (2)溶接構造物に要求される検査と国際規格
  (3)圧力容器・配管等に対する溶接検査の実態
 3.モノづくりを取巻く環境変化と対応
  (1)近年の品質不具合問題の背景および要因
  (2)日本のモノづくりと海外のモノづくり
  (3)グローバル調達における品質の確保
  (4)第三者検査の重要性と国際的ニーズの高まり
 4.まとめ
  (1)プラント品質確保のために留意すべきポイント
  (2)生産性を上げるための工夫
◆10:30〜13:00 後藤 元晴氏
 U. AIを利用したプラントの生産性向上と安定操業:実績と展望
 1.AIを使ったプラントデータ解析
  (1)AIを動かすハードウェア・ソフトウェア
  (2)データ解析のアルゴリズム
  (3)インフラとしてのIoT
  (4)データセキュリティー対策
 2.プラントオペレーションの見える化
  (1)何のために見える化をする必要があるのか
  (2)見える化をした後、運転員は何をするのか
  (3)見える化したデータの保存と利用
 3.異常予兆検知の自動化
  (1)どのような異常があるのか
  (2)どのようなセンサーを用いるのか
  (3)異常と判断するアルゴリズムは
 4.寿命予測
  (1)部品の寿命とは何か
  (2)寿命を検知するセンサー
  (3)寿命を判断するアルゴリズム
 5.生産性向上
  (1)プラントオペレーションはどこまで自動化されているのか
  (2)AIの利用がなぜ生産性向上に役立つのか(AI利用の費用対効果)
  (3)AIだけでは実現できない現状
  (4)AIと人による監視とオペレーションの分担とバランス
 6.その他の利用
  ⇒折角あるAIをさらに有効利用する
 7.今後のAIを使ったプラントオペレーションの展望
  ⇒今後どのようにAIの利用がプラントで使われるのかを見通す
◆14:00〜16:30 大野 拓也氏
 ●Solution and Consulting / 質疑応答
 【事前アンケートのご質問事項を解説致します】
 ※内容によって一部回答できない場合がございますので、ご了承願います。



Cookie と JavaScript をオンにしてご利用ください。

© 2002 ISS Co.,Ltd. All rights reserved.