eBRAIN-J
 


 
酵素の食品加工への効果的利用法と新規商品開発へのポイント
酵素による食品の改良や食品開発における酵素利用について分かり易く解説


■日時 2019年 8月7日(水)10:30〜16:30
■会場 産業科学システムズ会議室(東京・飯田橋)(地図はこちら
■受講料 1名 37,000円+消費税8% 2,960円
2名以上1名 34,000円+消費税8% 2,720円
≪セミナーコード 1101-190807≫

   【印刷用パンフ】     【お申込について】


【よくある質問(FAQ)】 ※お申込む前に必ずご覧下さい。          

【お申込みアシスト】 ※お申込み手順を解説しています。

※開催日前14日目以降のキャンセルはお受けできませんので、
都合が悪い場合は代理の方がご出席をされますようご配慮をお願いします。
※録音機等の持込みはご遠慮願います。




Cookie と JavaScript をオンにしてご利用ください。


講師のことば
ねらい
本セミナーでは、「酵素とは何か」から基礎的な酵素反応解析等の基礎的事項および、食品加工への利用例として、酵素による食品の改良や食品開発における酵素利用について分かり易く解説します。


講師
T.日本獣医生命科学大学 応用生命科学部 食品科学科

           農産食品学教室 准教授 博士(農学)奈良井(金山) 朝子氏

U.天野エンザイム(株) マーケティング本部 産業用酵素事業部

                            産業用酵素開発部長 岡田 正通氏

V.三菱ケミカルフーズ(株) 食品・ニュートリション部門

食品・ニュートリション事業部 ライフインダストリーG マネージャー 舟橋 知徳氏


プログラム(各項目とも質疑応答含む)
●Study and Learning
 T. 酵素の基礎的事項と食品加工への応用について
 1.酵素とは何か(その特性について)
 2.食品分野における酵素利用の事例
 3.酵素反応解析の意義
 4.基礎的な酵素反応解析の方法
 5.酵素利用における課題と対策
 6.酵素による物質生産の研究例
 
 ●奈良井 朝子氏  10:30〜12:30
 U.酵素による食品の改良技術
 1.酵素剤使用のポイント
 2.酵素剤に関するレギュレーション
 3.酵素の使用例
 (1)蛋白加工      (2)油脂加工
 (3)糖質加工      (4)その他
 
 (1)一般衛生管理の重要性
 (2)一般衛生管理の実践例(有害生物対策を中心に)

 ●岡田 正通氏  13:25〜14:55
 V. 食品開発における酵素利用の紹介
 1.食品開発におけるプロテアーゼの利用と美味しさへのアプローチ
 2.茶飲料開発における酵素タンナーゼの利用
 3.植物からの機能性成分抽出に有効か酵素の紹介
 4.小麦粉加工における酵素の利用について
 
 ●舟橋 知徳氏 15:00〜16:30
 ●Solution and Consulting / 質疑応答・フリーディスカッション
【事前提出の「受講目的」「問題事項」を絞り込んで解説・指導致します】
 ※内容によって一部回答できない場合がございますので、ご了承願います。



Cookie と JavaScript をオンにしてご利用ください。

© 2002 ISS Co.,Ltd. All rights reserved.