eBRAIN-J
 


EV積載用/多目的発電用小型エンジン開発のための講座(FEMを使わない簡便・論理的・実用的シミュレーション技法CD付き
入門!エンジンフリクションのメカニズムとトライボロジー技術


■日時 2019年 8月1日(木)10:30〜16:30
■会場 産業科学システムズ会議室(東京・飯田橋)(地図はこちら
■受講料 1名 45,000円 +消費税8% 3,600円
2名以上1名 42,000円 +消費税8% 3,360円
≪セミナーコード 1101-190801≫

   【印刷用パンフ】     【お申込について】


【よくある質問(FAQ)】 ※お申込む前に必ずご覧下さい。          

【お申込みアシスト】 ※お申込み手順を解説しています。

※開催日前14日目以降のキャンセルはお受けできませんので、
都合が悪い場合は代理の方がご出席をされますようご配慮をお願いします。
※録音機等の持込みはご遠慮願います。




Cookie と JavaScript をオンにしてご利用ください。


開催にあたって
 電気自動車における大容量バッテリは高コストかつ自重の軽量化により一層の開発が求められています。車内の電気利用拡大多様化と消費電力の抑制が急務となっています。そこで注目をされはじめたのが、小型エンジンの多目的発電機として活用とその燃費向上・長寿命かつ低エミッションを目指した高性能化です。トライボロジーは常に古くて新しい技術です。
 本講座では、ピストン系・クランク系・動弁系フリクションロスと低燃費潤滑油の考え方・信頼性技術から具体的なトライボロジー技術について、その基本がマスターできるよう実務的に解説指導致します。
 さらに、FEMのように手数がかかる事なく簡単で論理的なシミュレーション計算手法を加え、設計に最適な手法を即実践的に解説指導致します。


講師
星技術士事務所所長 博士(工学 東京大学)  技術士(機械) 星 満氏 


プログラム(各項目とも質疑応答含む)
●Study and Learning   ★パソコンをご持参ください★ 
 T.小型エンジンのトライボロジー技術とは
  1.軽量・寸法低減の実施
  2.高速・高負荷対応
  3.寿命延長
  4.低フリクション化の進め方
 U.エンジン低フリクション化の進め方
  1.ピストン系フリクションロスの考え方
  2.軸受系フリクションロスの考え方
  3.動弁系フリクションロスの考え方
  4.低燃費潤滑油の考え方
 V.信頼性技術と潤滑油交換距離
  1.信頼性技術の手法と考え方
  2.交換距離延長の考え方
  3.自動車エンジンにおける信頼性
 W.ピストン系のトライボロジー技術
  1.軽量化の実績
  2.薄幅リングの実績
  3.潤滑技術の実績
  4.リング2本化技術
 X.クランク軸系について
  1.クランク軸の考え方
  2.軸受メタル寿命のメカニズム
 Y.動弁系について
  1.潤滑技術の考え方
  2.低フリクション化の考え方
 Z.シミュレーション計算手法
  1.フリクションロスの計算法
  2.ピストン温度分布の計算法
  3.ピストン応力分布の計算法
  4.寿命計算の考え方

●Solution and Consulting
 質疑応答・フリーディスカッション
 【事前提出の「受講目的」「問題事項」を絞り込んで解説・指導致します】 
※講師によって一部回答できない場合がございますので、ご了承願います。 



Cookie と JavaScript をオンにしてご利用ください。

© 2002 ISS Co.,Ltd. All rights reserved.